※注意・・バンプ・リバンプストッパー

2019.08.02 Friday

こんにちは(^^♪

  
   
   
今回は・・・
   
巷には沢山のハイエースが走っていますね(#^^#)
   
先日より目にした光景を(-_-;)
   
いずれも当店初入庫のお車ですが・・・
   
IMG_7867.jpg
   
   
また他のお車では、
   
リバンプストッパーが激し破断していたり💦
   
IMG_8873.jpg
    
IMG_9289.jpg
     
リアのバンプストッパーが飛んで行って無くなっていたりと・・・💦
   
IMG_7870.jpg
   
はい。
  
画面の真ん中あたりに有ったはずなんですが(-_-;)
     
全て新しいバンプ・リバンプストッパーを取り付けさせていただきました✨
    
このような事になってしまった3台のお車には、実は3つの共通点がありました。
   
・ローダウン車(いずれも1.5インチ程)。
   
・トーションバーはノーマル。
   
・割と古めのバンプ・リバンブストッパーが取り付けられていた。
   
はい。
   
このような事になってしまった要因としてまず最初に思い当たるのが・・・。
   
ローダウンをした際のトーションバーの反発力不足です💦
   
ハイエースのローダウンはご存じの通り、リア側はローダウンブロックを用いて車高を下げます。
   
フロント側はトーションスプリングを緩めて車高を下げます。
   
そして、バンプストッパーとリバンプストッパーを交換してクリアランス調整。
   
出来ればローダウンの際にトーションバーも強化(不足した反発力を補う)ものに交換しましょう。
    
乗り心地もカッチリしますし、バンプタッチも最小限に抑えてくれます。
   
ショックアブソーバーの長寿命化にも役立ちますので是非ご検討くださいね(^_-)-☆    
    
   
※バンプストッパーには車輪または車軸の上方向への動きを制限する役割があります。
   
 クリアランスが狭すぎると度々バンプタッチして乗り心地が不快に💦
   
 逆に広すぎるとタイヤがフェンダーに当たったり。
   
 今回のリア側のように無くなってしまっていると、最悪リアのデフケースが車体に干渉なんて事にもなりかねません💦
   
 リバンプストッパーには車輪の下方向への動きを制限する役割があります。
   
 こちらも狭すぎると乗り心地に悪影響を及ぼします(-_-;)
   
 逆に広すぎたり今回のように破断してしまっていたりすると、最悪トーションバーの脱落なんてことも(´;ω;`)
    
   
その他の要因としては・・・
   
バンプストッパー・リバンプストッパーはゴムゃウレタン系の樹脂でできていますので、長年使用すると劣化します。
    
純正の物でも同様です。
   
残念ながら(ウチも経験あります💦)リバンプストッパーのクリアランスを考えずに車検やタイヤ交換などでジャッキアップしてしまうと、柔軟さを失ったリバンプストッパーはモロモロに砕けてしまいます💦 
   
お店にお願いするときには気を付けてもらえるように一声かけておくのが得策かもしれませんね。
    
バンプストッパー・リバンプストッパーの状態確認は無料ですぐにさせていただきます。
   
ご来店時はお気軽にお電話くださいね(^_-)-☆
  
   
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

平和卓也監修 釣り専用カスタムハイエース「PeaceBox」

協栄自動車工業所Webサイト

お問い合わせはこちら

calender
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
new entry
category
archives
recent comment
profile
search
mobile
qrcode

RSS1.0Atom0.3

Copyright (C) KYOEI Motor Factory Corporation

(有)協栄自動車工業所